松岡祐作,福岡,建築家,一級建築士,設計士,建築デザイナー,デザイナー,デザイン,設計事務所,建築士事務所,設計会社,不動産,企画,有効活用,開発,資産形成,投資,税金,税務,収支,利回,相続税,FP,エフピー,ファイナンシャル,ファイナンス,集合住宅,デザイナー,マンション,アパート,商業ビル,テナントビル,雑居ビル,店舗,インテリアデザイン,商業施設,若手,リノベーション,リニューアル,リフォーム

詳細資料

顔写真

建築家

一級建築士

省エネ建築診断士

宅地建物取引主任者

不動産コンサルティングマスター

2級FP(ファイナンシャル
 プランニング)技能士

JPBM認定不動産戦略コンサルタント

(公社)日本建築家協会(JIA)会員

(一社)日本建築学会会員

1970年 福岡県生まれ
福岡県立修猷館高等学校卒
早稲田大学理工学部建築学科卒

受賞歴

グッドデザイン賞2003
建築・環境デザイン部門受賞

第12回優秀店舗コンペティション
BEST STORE OF THE YEAR BEST100入選

JCD(社団法人日本商環境設計家協会)
デザイン賞2004入選

JCD(社団法人日本商環境設計家協会)
デザイン賞2006入選

日本建築家協会優秀建築選2007選定

message

 この度は当事務所のウェブサイトにアクセスいただき、誠にありがとうございます。

 これまで当事務所は、関係者皆様の多大なるご支援・ご協力により、重要な建築プロジェクトに携わることができました。

 その遂行におきましては常に、まずそれぞれの用途における建築計画の現状をよく見つめ直すことから始めました。

 その上で、敷地や周辺環境の特性等を詳細に調査し、経済性を兼ね備えた、かつてない新しい価値を持つ建築デザインの構築に向かって業務に邁進してまいりました。

 その様な思いで駆け抜けてきた建築家としてのキャリアの間には、耐震偽装が大変な社会問題となりました。さらには情報システムや環境システムといった社会インフラの大きな変化に伴う、建築における用途や機能の「多様化」や「複雑化」が、劇的な進行を遂げました。

 このような流れの中で、当然ながら建築家の役割もこれから大きく変わろうとしています。

 耐震偽装は、虚偽を行わないといった最低倫理の問題に過ぎず、これまで同様、ルールを厳粛に受け止め遵守していくことに他なりません。

 しかし、「多様化」「複雑化」の進行におきましては、建築家が利用者の行為をプログラム等で予測し、新しいあり方を提案するという従来の図式は、もう通用しなくなりました。

 ただ、建築家がその思考から脱却しようとすると、どこまでを制御し、どこまでを「利用者」に委ねるのか、そのラインの引きどころにリアリティーに基づいた、長い時間軸を見据えた上での「鮮やかさ」のようなものを、これからの建築家は求められるではないかと考えています。

 建築家が、誰しもが快適と考える機能面での付加価値を与え、建築の「骨格」を設定しつつも、多様化した利用者がそれぞれに考え、生活や業務を自由に彩っていくことの出来る様々な「余地」も残しておくこと。

 これからは建築家の予測し得ない、利用者オリジナルの卓越したアイデアもきっとたくさんあるはずです。

 利用者が建築において自ら生活やビジネスを彩り、工夫しながらも自分の「場所」を獲得していく過程における、利用者と建築との無言の「対話」の連続は、結果として建築という長い時間軸において社会に存在し続けるモノの、価値の長寿命化へとつながっていき、ひいては時代を超えて社会に評価され続けるものになるはずです。

 日本はかつて路地空間など、人々の生活が滲み出た、美しくもホッとする暖かい都市風景をもっていました。

 利用者の皆様と建築とのこのような「対話」の集積が契機となって、かつて美しかった日本の都市風景が、建築と人々が融合した、新しい別の形でよみがえることもあるかもしれません。

 そのような社会に長く密接であり続ける建築をデザインしていこうとするならば、従来の職能に加え省エネ・環境性能の確保はもちろん、資産運用としての不動産価値向上の飽くなき追及、そしてITや財務の知識を駆使してのより総合的で幅広い見識と思考が不可欠です。

 さらには、建築が過度に情報化し、建築家が現代アーティスト化しつつある現代の流れに頑なに抵抗し、決して批評性に陥ることなく、あくまで構築的に都市や社会に正対して職能を実践していく、ぶれることのない意志と力量が求められます。

 それらを深く深く踏まえた上で、機能と形態を密接に融合させての、本来の職能のより高度な実現に向かってこれからも邁進していきたいと考えております。

 話が少し堅くなりましたが、これを機にご遠慮なくご連絡いただき、まずは一度皆様の土地や資産への「想い」や「ご要望」「お悩み」を是非一度私にじっくりお聞かせください。

 長くなりましたが、最後までご一読いただけましたこと、重ねて厚く御礼申しあげます。

publication

財界九州 2003年6月号

(株)財界九州社

グッドデザインアワード 2003-2004

(財)日本産業デザイン振興会

フクニチ住宅新聞 2003年8月22日号

(株)フクニチ住宅新聞社

フクニチ住宅新聞 2004年1月23日号

(株)フクニチ住宅新聞社

商店建築 2004年2月号

(株)商店建築社

新建築 2004年10月号

(株)新建築社

年鑑日本の空間デザイン2005

(株)六耀社

TITLE 2005年10月号

(株)文藝春秋社

年鑑日本の空間デザイン2007

(株)六耀社

現代日本の室内空間

(株)アートボックスインターナショナル

現代日本の建築家 優秀建築選2007

(社)日本建築家協会

フクニチ住宅新聞 2008年1月1日号

(株)フクニチ住宅新聞社

商店建築増刊 クリニック&オフィス

(株)商店建築社