blank

ディーズフェイス2(コム・デ・ギャルソン福岡店)。ガラス貼りの外観と伸びやかなスケールの階段室、そしてニュートラルなテイストが特徴の多目的型商業ビル。敷地のある福岡の大名界隈は、飲食店・物販店・美容室といった様々な商業プログラムが展開されています。それらに応じて、建築・内装デザインにも様々な色や材質、形態が用いられています。典型的なアジアの一風景です。このコンテクストにおいて、商業建築は、前述したアジアの風景と、建物自身の内装デザインの境界に位置します。そこに求められるものは、従来の「自己完結型」の、設計手法や際立つ素材の採用ではなく、□境界という視点で空間を構築していくこと□内装デザインを納めるハコとしての役割を見つめ直すこと□形態レベルで、このコンテクストの中での確固たる存在方法を選択することであると考えました。それらを踏まえた上で、設計においては、階段室・カーテンウォールといった建築の主要素を、明確に分節し、出来るだけ長く、伸びやかな直線で構成する手法を用いました。階段室には、 3層・約10メートルの天井高さを持つ直階段をデザインすることで、特有の雑然とした街並から建物内部への導入に、動線・視線上の一定の距離を持たせていますカーテンウォールにはフレームレスの工法を用い、それ以外には建築に開口部を設けないことで、内装デザインの照明計画に配慮しました。全体を構成する長い直線は、この街並に対しては建築を、建築に対してはそれよりかなり小さなスケールで展開される内装デザイン・商品を、それぞれ際立たせる働きを意図しました。デザイナーズ賃貸商業ビル(テナントビル・雑居ビル)新築。所在地福岡県福岡市中央区大名。担当設計事務所。株式会社松岡祐作デザインオフィス一級建築士事務所(設計事務所・設計会社・デザイン会社)。福岡県福岡市中央区大名2-6-1福岡国際ビル402。デザイナーズ賃貸集合住宅(賃貸デザイナーズマンション・デザイナーズアパート)、デザイナーズ賃貸商業ビル(テナントビル・雑居ビル・商業施設)、デザイナーズ賃貸・自社オフィスビル(事務所ビル)、店舗(飲食・物販ショップ)オフィス(事務所)内装インテリアの新築・改修・改装・改築・リニューアル・リノベーション・リフォーム、中古マンションの改修・改装・改築・リニューアル・リノベーション・リフォーム、戸建住宅(注文住宅・住まい・住居・別荘)、デザイン規格型ローコストエコハウス(省エネ型環境住宅プリュ・スマート)の企画設計監理。不動産企画物件(不動産コンサルティング)も提案。土地建物の有効活用。開発投資案件における利回りや年間収支といったファイナンスの算定。資産形成や相続税対策等の税務相談。福岡はもちろん、北九州、博多、飯塚、久留米、大牟田、前原、佐賀、大分、長崎、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄の九州全域にて活動。関東でも東京、神奈川、千葉、埼玉にて活動。担当建築家。代表取締役兼主任建築家(一級建築士、建築デザイナー、設計士)松岡祐作、福岡県福岡市出身、福岡県立修猷館高校(福岡県福岡市)卒、早稲田大学(東京都新宿区)卒、東京にて建築家(有名設計士)主宰の一級建築士事務所(設計事務所・設計会社・デザイン会社)に勤務の後独立。一級建築士、宅建取引主任者、2級FP(ファイナンシャル・プランニング)技能士。省エネ建築診断士。公益社団法人日本建築家協会(JIA)所属。一般社団法人日本建築学会所属。福岡を代表する若手建築家。

大央1階オフィスインテリア(事務所内装)のリニューアル(改修・改装・改築・リノベーション・リフォーム)。外部の都市風景とインテリアデザインの融合を目指した、ニューコンセプトの路面型オフィス。本プロジェクトのある福岡の大名界隈は、飲食店・物販店・美容室といった様々な商業プログラムが、日本でも有数の、巨大な規模で展開されています。それにともない、建築・インテリア・看板・ファッションといった都市を形作る「視覚的要素」も、地域特有の複雑な地割と相まって、多種多様なデザインが比較的小さなスケールで用いられています。典型的な、近代アジアの商業地における風景です。の場所で30年間、変わり行く「大名」を形作る一翼を担ってきた不動産会社の、1階での店舗・オフィス  物件の仲介業務を主とした、新規店舗をデザインするにあたって、□都市の持つコンテクストとインテリアデザインを断絶するのではなく、関係性を構築することで、新しいデザイン手法を確立すること。□クライアントの良質な業務形態を考慮して、利用する人々を含めたインテリア全体を都市に対する広告→サイン=インテリアとすること。□物件案内等の実用性も兼ねた、インスタレーションとしての「地図」の、情報としての新しい表現方法を考案すること。□完成後も、広告プログラムの変更に対応できるフレキシビリティを確保すること。を主眼とし、設計を行いました。所在地福岡県福岡市中央区大名。グッドデザイン賞2003建築・環境デザイン部門受賞作品。第12回優秀店舗コンペティションBEST STORE OF THE YEAR BEST100入選作品。担当設計事務所。株式会社松岡祐作デザインオフィス一級建築士事務所(設計事務所・設計会社・デザイン会社)。福岡県福岡市中央区大名2-6-1福岡国際ビル402。デザイナーズ賃貸集合住宅(賃貸デザイナーズマンション・デザイナーズアパート)、デザイナーズ賃貸商業ビル(テナントビル・雑居ビル・商業施設)、デザイナーズ賃貸・自社オフィスビル(事務所ビル)、店舗(飲食・物販ショップ)オフィス(事務所)内装インテリアの新築・改修・改装・改築・リニューアル・リノベーション・リフォーム、中古マンションの改修・改装・改築・リニューアル・リノベーション・リフォーム、戸建住宅(注文住宅・住まい・住居・別荘)、デザイン規格型ローコストエコハウス(省エネ型環境住宅プリュ・スマート)の企画設計監理。不動産企画物件(不動産コンサルティング)も提案。土地建物の有効活用。開発投資案件における利回りや年間収支といったファイナンスの算定。資産形成や相続税対策等の税務相談。福岡はもちろん、北九州、博多、飯塚、久留米、大牟田、前原、佐賀、大分、長崎、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄の九州全域にて活動。関東でも東京、神奈川、千葉、埼玉にて活動。担当建築家。代表取締役兼主任建築家(一級建築士、建築デザイナー、設計士)松岡祐作、福岡県福岡市出身、福岡県立修猷館高校(福岡県福岡市)卒、早稲田大学(東京都新宿区)卒、東京にて建築家(有名設計士)主宰の一級建築士事務所(設計事務所・設計会社・デザイン会社)に勤務の後独立。一級建築士、宅建取引主任者、2級FP(ファイナンシャル・プランニング)技能士。省エネ建築診断士。公益社団法人日本建築家協会(JIA)所属。一般社団法人日本建築学会所属。福岡を代表する若手建築家。

エクラスリット。伸びやかなベベル(斜め)ラインと独自の素材感。そして床の可変性がこれまでにない商業ビルを実現。計画地は福岡市の中心部、大名にあります。特有の複雑かつ細分化された地割とそこに展開されている建築・インテリア・看板・ファッションといった都市の視覚的
 要素が、都市にテーマパークの様な「回遊性」を与え通り行く人々を刺激し続けています。このコンテクストにおいて、 6m×31mという特殊な敷地形状をもつ、スケルトンの商業建築の計画に求められるものは、□敷地形状をそのまま利点として建築計画に取り込むこと□このコンテクストに適切な、形態・動線計画を選択すること□内装デザインを納める「ハコ」としての役割を見つめ直すことであると考えました。また、レンタル方式として、1・2階それぞれ個別または全棟一括いずれの場合でも貸し出せるシステムを考案しました。
デザイナーズ賃貸商業ビル(テナントビル・雑居ビル)新築。所在地福岡県福岡市中央区大名。JCD(社団法人日本商環境設計家協会)デザイン賞2004受賞作品。担当設計事務所。株式会社松岡祐作デザインオフィス一級建築士事務所(設計事務所・設計会社・デザイン会社)。福岡県福岡市中央区大名2-6-1福岡国際ビル402。デザイナーズ賃貸集合住宅(賃貸デザイナーズマンション・デザイナーズアパート)、デザイナーズ賃貸商業ビル(テナントビル・雑居ビル・商業施設)、デザイナーズ賃貸・自社オフィスビル(事務所ビル)、店舗(飲食・物販ショップ)オフィス(事務所)内装インテリアの新築・改修・改装・改築・リニューアル・リノベーション・リフォーム、中古マンションの改修・改装・改築・リニューアル・リノベーション・リフォーム、戸建住宅(注文住宅・住まい・住居・別荘)、デザイン規格型ローコストエコハウス(省エネ型環境住宅プリュ・スマート)の企画設計監理。不動産企画物件(不動産コンサルティング)も提案。土地建物の有効活用。開発投資案件における利回りや年間収支といったファイナンスの算定。資産形成や相続税対策等の税務相談。福岡はもちろん、北九州、博多、飯塚、久留米、大牟田、前原、佐賀、大分、長崎、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄の九州全域にて活動。関東でも東京、神奈川、千葉、埼玉にて活動。担当建築家。代表取締役兼主任建築家(一級建築士、建築デザイナー、設計士)松岡祐作、福岡県福岡市出身、福岡県立修猷館高校(福岡県福岡市)卒、早稲田大学(東京都新宿区)卒、東京にて建築家(有名設計士)主宰の一級建築士事務所(設計事務所・設計会社・デザイン会社)に勤務の後独立。一級建築士、宅建取引主任者、2級FP(ファイナンシャル・プランニング)技能士。省エネ建築診断士。公益社団法人日本建築家協会(JIA)所属。一般社団法人日本建築学会所属。福岡を代表する若手建築家。

シストゥール。シスツール。インナーバルコニーが広がりと快適さをもたらす、デザイン性に富んだ都市型ライフスタイルマンション。計画地は福岡市の中心地を横断する「けやき通り」からすぐの場所に位置します。その名の通り美しいけやき並木の続く通り沿いに、少し落ち着いた感じのする物販店や飲食店が並んでおり、その裏から閑静な住宅街が広がっています。この「けやき通り」から一つ道を入ってすぐのところに、二方向が道路に接する角地の敷地があり、そこにクライアントから「オーナー住居+ワンルーム型集合住宅」の設計依頼を受けました。設計にあたっては、□日本の都市風景を形成している主要素の一つである「集合住宅」の現状を形態レベルでよく見つめ直した上で、新たなる形態操作の手法を確立すること□「ワンルーム型集合住宅」の計画の現状についても見つめ直し、計画手法を再構築することを主眼とし、設計を行いました。デザイナーズ賃貸集合住宅(賃貸デザイナーズマンション・デザイナーズアパート)。所在地福岡県福岡市中央区警固。日本建築家協会優秀建築選2007入選作品。担当設計事務所。株式会社松岡祐作デザインオフィス一級建築士事務所(設計事務所・設計会社・デザイン会社)。福岡県福岡市中央区大名2-6-1福岡国際ビル402。デザイナーズ賃貸集合住宅(賃貸デザイナーズマンション・デザイナーズアパート)、デザイナーズ賃貸商業ビル(テナントビル・雑居ビル・商業施設)、デザイナーズ賃貸・自社オフィスビル(事務所ビル)、店舗(飲食・物販ショップ)オフィス(事務所)内装インテリアの新築・改修・改装・改築・リニューアル・リノベーション・リフォーム、中古マンションの改修・改装・改築・リニューアル・リノベーション・リフォーム、戸建住宅(注文住宅・住まい・住居・別荘)、デザイン規格型ローコストエコハウス(省エネ型環境住宅プリュ・スマート)の企画設計監理。不動産企画物件(不動産コンサルティング)も提案。土地建物の有効活用。開発投資案件における利回りや年間収支といったファイナンスの算定。資産形成や相続税対策等の税務相談。福岡はもちろん、北九州、博多、飯塚、久留米、大牟田、前原、佐賀、大分、長崎、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄の九州全域にて活動。関東でも東京、神奈川、千葉、埼玉にて活動。担当建築家。代表取締役兼主任建築家(一級建築士、建築デザイナー、設計士)松岡祐作、福岡県福岡市出身、福岡県立修猷館高校(福岡県福岡市)卒、早稲田大学(東京都新宿区)卒、東京にて建築家(有名設計士)主宰の一級建築士事務所(設計事務所・設計会社・デザイン会社)に勤務の後独立。一級建築士、宅建取引主任者、2級FP(ファイナンシャル・プランニング)技能士。省エネ建築診断士。公益社団法人日本建築家協会(JIA)所属。一般社団法人日本建築学会所属。福岡を代表する若手建築家。

ヴェントゥーノ。ベントゥーノ。オフィスビルの内外装を全面リニューアル。都市の光や周辺環境とともに、表情が刻々と美しく変化。計画地は、福岡市の中心部の喧騒とは少し距離のある、住宅と商業施設が混在する地域にあります。その一角に、東側が道路と河川、北側が都市計画道路と、いずれも幅員の広い都市動線に二方向を囲まれた角地があり、そこに、日本の都市状況を考慮すると珍しいキューブ状の、既存のオフィスビルがあります。そのビルをクライアントが新社屋としての利用を目的に購入し、その内外装の大幅なリニューアルを依頼されました。クライアントはその業務の特性上、社内外を問わず様々な人々との密実なコミュニケーションを日常とし、そのことを最重要視にしている企業でもあります。これら、既存ビルの都市における「建ち方」・内部空間の特徴、そしてクライアントの業務形態をよく見据えた上で、□接客スペースにおいては、人々の立ち振る舞う姿と一日変わり行く都市の光が内部空間に美しく投影され変化していくことで、企業の新たなる船出に相応しい品位 あるコミュニケーションの場をデザインしそれが新しい企業文化・理念の創造の基点となっていくこと。□外観は、マットな白塗装を基調とし、エントランス廻りにおいては内装のコンセプトを踏襲しつつもガラスを用いて、企業看板を兼ねた美しく鮮やかなアクセントを都市に挿入すること。を主眼として設計を行いました。デザイナーズ自社オフィスビル(事務所ビル)改修・改装・改築・リニューアル・リノベーション・リフォーム。所在地福岡県福岡市中央区大宮。JCD(社団法人日本商環境設計家協会)デザイン賞2006受賞作品。担当設計事務所。株式会社松岡祐作デザインオフィス一級建築士事務所(設計事務所・設計会社・デザイン会社)。福岡県福岡市中央区大名2-6-1福岡国際ビル402。デザイナーズ賃貸集合住宅(賃貸デザイナーズマンション・デザイナーズアパート)、デザイナーズ賃貸商業ビル(テナントビル・雑居ビル・商業施設)、デザイナーズ賃貸・自社オフィスビル(事務所ビル)、店舗(飲食・物販ショップ)オフィス(事務所)内装インテリアの新築・改修・改装・改築・リニューアル・リノベーション・リフォーム、中古マンションの改修・改装・改築・リニューアル・リノベーション・リフォーム、戸建住宅(注文住宅・住まい・住居・別荘)、デザイン規格型ローコストエコハウス(省エネ型環境住宅プリュ・スマート)の企画設計監理。不動産企画物件(不動産コンサルティング)も提案。土地建物の有効活用。開発投資案件における利回りや年間収支といったファイナンスの算定。資産形成や相続税対策等の税務相談。福岡はもちろん、北九州、博多、飯塚、久留米、大牟田、前原、佐賀、大分、長崎、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄の九州全域にて活動。関東でも東京、神奈川、千葉、埼玉にて活動。担当建築家。代表取締役兼主任建築家(一級建築士、建築デザイナー、設計士)松岡祐作、福岡県福岡市出身、福岡県立修猷館高校(福岡県福岡市)卒、早稲田大学(東京都新宿区)卒、東京にて建築家(有名設計士)主宰の一級建築士事務所(設計事務所・設計会社・デザイン会社)に勤務の後独立。一級建築士、宅建取引主任者、2級FP(ファイナンシャル・プランニング)技能士。省エネ建築診断士。公益社団法人日本建築家協会(JIA)所属。一般社団法人日本建築学会所属。福岡を代表する若手建築家。

福岡ソニックビル。オフィスビルのエントランスをリニューアル。既存の形態を活かしつつ新しいデザイン性と新機能を付加。計画地は、福岡の中心部やや北側の、中小のオフィスビル等が整然と建ち並ぶエリアにあります。その一角にある、築16年の中規模オフィスビルを所有するクライアントより賃貸ビルとしての価値を高めたいという要望を受け、エントランスを主とした共用部分のリニューアルを行いました。計画においては、既存エントランス周りのいくつかの機能とそれに付随する意匠が雑多に混在している状況を踏まえ、それらを再整理・統合しつつも、リニューアルにふさわしい新しい表情を建物に与えることを目的としました。このような条件のもとで、2枚の金属板が柔らかな弧を描きつつ既存建物を覆うというデザインを提案しました。その2枚の金属板は、それぞれ建物の案内板・郵便ボックスと階段の手摺りという異なる機能を内包しながら建物を覆い、そして交差します。改修前のちぐはぐな意匠は2枚の金属板に統合され一体となり、エントランスはさらなる機能性と確固としたデザイン性を獲得することができました。これにより、建物としてのアイデンティティーを持つことができ、賃貸ビルとしての価値を高めることが出来ればと考えています。デザイナーズ賃貸オフィスビル(事務所ビル)改修・改装・改築・リニューアル・リノベーション・リフォーム。所在地福岡県福岡市中央区舞鶴。担当設計事務所。株式会社松岡祐作デザインオフィス一級建築士事務所(設計事務所・設計会社・デザイン会社)。福岡県福岡市中央区大名2-6-1福岡国際ビル402。デザイナーズ賃貸集合住宅(賃貸デザイナーズマンション・デザイナーズアパート)、デザイナーズ賃貸商業ビル(テナントビル・雑居ビル・商業施設)、デザイナーズ賃貸・自社オフィスビル(事務所ビル)、店舗(飲食・物販ショップ)オフィス(事務所)内装インテリアの新築・改修・改装・改築・リニューアル・リノベーション・リフォーム、中古マンションの改修・改装・改築・リニューアル・リノベーション・リフォーム、戸建住宅(注文住宅・住まい・住居・別荘)、デザイン規格型ローコストエコハウス(省エネ型環境住宅プリュ・スマート)の企画設計監理。不動産企画物件(不動産コンサルティング)も提案。土地建物の有効活用。開発投資案件における利回りや年間収支といったファイナンスの算定。資産形成や相続税対策等の税務相談。福岡はもちろん、北九州、博多、飯塚、久留米、大牟田、前原、佐賀、大分、長崎、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄の九州全域にて活動。関東でも東京、神奈川、千葉、埼玉にて活動。担当建築家。代表取締役兼主任建築家(一級建築士、建築デザイナー、設計士)松岡祐作、福岡県福岡市出身、福岡県立修猷館高校(福岡県福岡市)卒、早稲田大学(東京都新宿区)卒、東京にて建築家(有名設計士)主宰の一級建築士事務所(設計事務所・設計会社・デザイン会社)に勤務の後独立。一級建築士、宅建取引主任者、2級FP(ファイナンシャル・プランニング)技能士。省エネ建築診断士。公益社団法人日本建築家協会(JIA)所属。一般社団法人日本建築学会所属。福岡を代表する若手建築家。

大央地下1階オフィスインテリア(事務所内装)のリニューアル(改修・改装・改築・リノベーション・リフォーム)。独特の輝きと広がりを持つ地下レンタルスペース。集まった人々の動きにより、さらなる美しい風景へと展開。クライアントは、福岡市内を中心に不動産事業を幅広く手がけている会社です。福岡市中心部、天神大名地区にある中規模のオフィスビルの1階から4階に事務所を構えており、4年前の1階における新規オフィス立ち上げの際にはそのデザインを担当しました。今回新たに同じビルの地下にあるスペースを賃借することとなり、そのデザインを再び依頼されました。クライアントからの要望は各会議やビルオーナーに対するプレゼンテーション等といった通常業務への使用に加え、地元芸術家等による展覧会・セミナー等も開催可能とすることで、今後地場企業として地域文化への貢献もしていきたいというものでした。それらの利用目的を踏まえつつ、外部の雑然とした商業都市の風景から地下のスペースへと降り立つという利用者の行動を想定した上で、外部とは異なる輝きや広がりを持つ、静謐な空間が最初のイメージとなりました。それを基点にしつつ、壁・パーティション・天井といった建築デザインの構成要素を、スペース同士や外部との境界という従来の機能的役割だけでなく、視線の広がりをもたらし、人々の立ち振る舞う様々な姿が互いに映り込み、融合し、時間ごとに変化していくデザイン要素へと展開させました。そのことで従来の建築デザインの宿命であった、構成要素の物質性のもたらす有限性をも乗り越えた「受動的構築」に基づいた、企業の新たなる展開にふさわしいコミュニケーションスペースのあり方を創出したいと考えました。所在地福岡県福岡市中央区大名。担当設計事務所。株式会社松岡祐作デザインオフィス一級建築士事務所(設計事務所・設計会社・デザイン会社)。福岡県福岡市中央区大名2-6-1福岡国際ビル402。デザイナーズ賃貸集合住宅(賃貸デザイナーズマンション・デザイナーズアパート)、デザイナーズ賃貸商業ビル(テナントビル・雑居ビル・商業施設)、デザイナーズ賃貸・自社オフィスビル(事務所ビル)、店舗(飲食・物販ショップ)オフィス(事務所)内装インテリアの新築・改修・改装・改築・リニューアル・リノベーション・リフォーム、中古マンションの改修・改装・改築・リニューアル・リノベーション・リフォーム、戸建住宅(注文住宅・住まい・住居・別荘)、デザイン規格型ローコストエコハウス(省エネ型環境住宅プリュ・スマート)の企画設計監理。不動産企画物件(不動産コンサルティング)も提案。土地建物の有効活用。開発投資案件における利回りや年間収支といったファイナンスの算定。資産形成や相続税対策等の税務相談。福岡はもちろん、北九州、博多、飯塚、久留米、大牟田、前原、佐賀、大分、長崎、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄の九州全域にて活動。関東でも東京、神奈川、千葉、埼玉にて活動。担当建築家。代表取締役兼主任建築家(一級建築士、建築デザイナー、設計士)松岡祐作、福岡県福岡市出身、福岡県立修猷館高校(福岡県福岡市)卒、早稲田大学(東京都新宿区)卒、東京にて建築家(有名設計士)主宰の一級建築士事務所(設計事務所・設計会社・デザイン会社)に勤務の後独立。一級建築士、宅建取引主任者、2級FP(ファイナンシャル・プランニング)技能士。省エネ建築診断士。公益社団法人日本建築家協会(JIA)所属。一般社団法人日本建築学会所属。福岡を代表する若手建築家。

アメックス赤坂門タワー。設備ユニットを中心に据えての、逆コの字型のユニークなワンスペース。キッチンはオープン/クローズを選択でき、SOHO対応も可能なコンセプトルーム。場所は福岡市の中心地「赤坂」にあります。その一角にある大規模な賃貸集合住宅の2階にあった集会スペースを、賃貸住戸へとリニューアルする計画を依頼されました。設計にあたっては、通常「1LDK」と呼ばれ、パーティションを収納することでワンスペースにもなる、一般のやや大雑把な計画をまずは見つめ直しました。様々にスタディを重ねた結果、キッチン+バスルームの設備ユニットを住戸の中央に置き、逆コの字型の、細長いワンスペースを設定する着想を得ました。ワンスペースながら、設備ユニットがもたらす「視線の物陰」が「回遊性」を伴いつつも独特の奥行感をもたらし、SOHOにも対応可能なパブリックとプライベートの分節を柔らかく設定します。さらにこの物陰が、半ば現象的に「視線の広がり」という機能をもたらします。居室の幅を拡張する目的で取り入れた斜めの軸線、特殊な素材を用いての天井面の映り込みが、さらに「視線の広がり」という機能を展開していきます。南面にあって陽当たりが良く伸びやかな形態のバルコニーに植栽を置いたりといった、居住者の行為も天井面に映り込んで、居住者オリジナルの室内風景が視線の広がりとともに形成されます。キッチンには着脱式パーティションを設置することで、オープン/クローズどちらも可能な、より高度な自由度とSOHO対応を実現しました。バスルームはガラス張りとすることで、直接外部の視線にさらされることなく長く快適に過ごすことのできる「視線の広がり」を確保しました。デザイナーズ賃貸集合住宅(賃貸デザイナーズマンション・デザイナーズアパート)改修・改装・改築・リニューアル・リノベーション・リフォーム。所在地福岡県福岡市中央区赤坂。担当設計事務所。株式会社松岡祐作デザインオフィス一級建築士事務所(設計事務所・設計会社・デザイン会社)。福岡県福岡市中央区大名2-6-1福岡国際ビル402。デザイナーズ賃貸集合住宅(賃貸デザイナーズマンション・デザイナーズアパート)、デザイナーズ賃貸商業ビル(テナントビル・雑居ビル・商業施設)、デザイナーズ賃貸・自社オフィスビル(事務所ビル)、店舗(飲食・物販ショップ)オフィス(事務所)内装インテリアの新築・改修・改装・改築・リニューアル・リノベーション・リフォーム、中古マンションの改修・改装・改築・リニューアル・リノベーション・リフォーム、戸建住宅(注文住宅・住まい・住居・別荘)、デザイン規格型ローコストエコハウス(省エネ型環境住宅プリュ・スマート)の企画設計監理。不動産企画物件(不動産コンサルティング)も提案。土地建物の有効活用。開発投資案件における利回りや年間収支といったファイナンスの算定。資産形成や相続税対策等の税務相談。福岡はもちろん、北九州、博多、飯塚、久留米、大牟田、前原、佐賀、大分、長崎、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄の九州全域にて活動。関東でも東京、神奈川、千葉、埼玉にて活動。担当建築家。代表取締役兼主任建築家(一級建築士、建築デザイナー、設計士)松岡祐作、福岡県福岡市出身、福岡県立修猷館高校(福岡県福岡市)卒、早稲田大学(東京都新宿区)卒、東京にて建築家(有名設計士)主宰の一級建築士事務所(設計事務所・設計会社・デザイン会社)に勤務の後独立。一級建築士、宅建取引主任者、2級FP(ファイナンシャル・プランニング)技能士。省エネ建築診断士。公益社団法人日本建築家協会(JIA)所属。一般社団法人日本建築学会所属。福岡を代表する若手建築家。

ヴェントゥーノ。ベントゥーノ。オフィスビルの内外装を全面リニューアル。都市の光や周辺環境とともに、表情が刻々と美しく変化。計画地は、福岡市の中心部の喧騒とは少し距離のある、住宅と商業施設が混在する地域にあります。その一角に、東側が道路と河川、北側が都市計画道路と、いずれも幅員の広い都市動線に二方向を囲まれた角地があり、そこに、日本の都市状況を考慮すると珍しいキューブ状の、既存のオフィスビルがあります。そのビルをクライアントが新社屋としての利用を目的に購入し、その内外装の大幅なリニューアルを依頼されました。クライアントはその業務の特性上、社内外を問わず様々な人々との密実なコミュニケーションを日常とし、そのことを最重要視にしている企業でもあります。これら、既存ビルの都市における「建ち方」・内部空間の特徴、そしてクライアントの業務形態をよく見据えた上で、□接客スペースにおいては、人々の立ち振る舞う姿と一日変わり行く都市の光が内部空間に美しく投影され変化していくことで、企業の新たなる船出に相応しい品位 あるコミュニケーションの場をデザインしそれが新しい企業文化・理念の創造の基点となっていくこと。□外観は、マットな白塗装を基調とし、エントランス廻りにおいては内装のコンセプトを踏襲しつつもガラスを用いて、企業看板を兼ねた美しく鮮やかなアクセントを都市に挿入すること。を主眼として設計を行いました。デザイナーズ自社オフィスビル(事務所ビル)改修・改装・改築・リニューアル・リノベーション・リフォーム。所在地福岡県福岡市中央区大宮。JCD(社団法人日本商環境設計家協会)デザイン賞2006受賞作品。担当設計事務所。株式会社松岡祐作デザインオフィス一級建築士事務所(設計事務所・設計会社・デザイン会社)。福岡県福岡市中央区大名2-6-1福岡国際ビル402。デザイナーズ賃貸集合住宅(賃貸デザイナーズマンション・デザイナーズアパート)、デザイナーズ賃貸商業ビル(テナントビル・雑居ビル・商業施設)、デザイナーズ賃貸・自社オフィスビル(事務所ビル)、店舗(飲食・物販ショップ)オフィス(事務所)内装インテリアの新築・改修・改装・改築・リニューアル・リノベーション・リフォーム、中古マンションの改修・改装・改築・リニューアル・リノベーション・リフォーム、戸建住宅(注文住宅・住まい・住居・別荘)、デザイン規格型ローコストエコハウス(省エネ型環境住宅プリュ・スマート)の企画設計監理。不動産企画物件(不動産コンサルティング)も提案。土地建物の有効活用。開発投資案件における利回りや年間収支といったファイナンスの算定。資産形成や相続税対策等の税務相談。福岡はもちろん、北九州、博多、飯塚、久留米、大牟田、前原、佐賀、大分、長崎、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄の九州全域にて活動。関東でも東京、神奈川、千葉、埼玉にて活動。担当建築家。代表取締役兼主任建築家(一級建築士、建築デザイナー、設計士)松岡祐作、福岡県福岡市出身、福岡県立修猷館高校(福岡県福岡市)卒、早稲田大学(東京都新宿区)卒、東京にて建築家(有名設計士)主宰の一級建築士事務所(設計事務所・設計会社・デザイン会社)に勤務の後独立。一級建築士、宅建取引主任者、2級FP(ファイナンシャル・プランニング)技能士。省エネ建築診断士。公益社団法人日本建築家協会(JIA)所属。一般社団法人日本建築学会所属。福岡を代表する若手建築家。

詳細資料

オフィスビルの内外装を全面リニューアル。都市の光や周辺環境とともに、表情が刻々と美しく変化

画像01

画像02

画像03

画像04

画像05

画像06

画像07

画像08

画像09

画像10

画像11

画像12

  • 設計指針
  •  計画地は、福岡市の中心部の喧騒とは少し距離のある、住宅と商業施設が混在する地域にあります。

     その一角に、東側が道路と河川、北側が都市計画道路と、いずれも幅員の広い都市動線に二方向を囲まれた角地があり、そこに、日本の都市状況を考慮すると珍しいキューブ状の、既存のオフィスビルがあります。

     そのビルをクライアントが新社屋としての利用を目的に購入し、その内外装の大幅なリニューアルを依頼されました。

     クライアントはその業務の特性上、社内外を問わず様々な人々との密実なコミュニケーションを日常とし、そのことを最重要視にしている企業でもあります。

     これら、既存ビルの都市における「建ち方」・内部空間の特徴、そしてクライアントの業務形態をよく見据えた上で、

    □接客スペースにおいては、人々の立ち振る舞う姿と一日変わり行く都市の光が内部
     空間に美しく投影され変化していくことで、企業の新たなる船出に相応しい品位
     あるコミュニケーションの場をデザインしそれが新しい企業文化・理念の創造の
     基点となっていくこと。

    □外観は、マットな白塗装を基調とし、エントランス廻りにおいては内装のコンセプ
     トを踏襲しつつもガラスを用いて、企業看板を兼ねた美しく鮮やかなアクセント
     を都市に挿入すること。

    を主眼として設計を行いました。

  • 計画概要
  •  所在地 福岡県福岡市中央区大宮

     構造・規模 S造5階建て改修

     建築用途  オフィス

     建築面積  352.01㎡

     延床面積 1629.83㎡

     竣工 2005年6月

     施工(外装) 株式会社善工務店

     施工(内装) 株式会社NPC福岡

     撮影 淺川敏/ZOOM